Menu
Close 




   

いだてん金栗三四の子役は久野倫太郎くん!年齢や小学校はどこ?








この記事を書いている人 - WRITER -

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が放送され話題になっているのが、中村勘九郎さん演じる主人公、金栗四三の幼少期時代の子役さんです。

なんと演技経験が全くないど素人の子役が、主役の幼少期を演じているんです。

この異例な抜擢で選ばれたは熊本県の久野倫太郎くんです。さっそくどんな人物なのか見ていくことにしましょう!

金栗三四の子役は誰?

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第2話(2019年1月13日放送)「坊ちゃん」で、「日本のマラソンの父」と称される前半の主人公・金栗四三(かなくりしそう)の幼少期が描かれました。

幼少期の金栗四三を演じたのは、地元・熊本の小学2年生、久野倫太郎くん8歳です。

抜擢理由は?

金栗四三の幼少期の子役は、主人公の独特の素朴さを表現したいために、まだ何色にも染まっていない人を探していたそうです。

そして男児1500人の中から久野倫太郎くんが選ばれました!!

最後の最後に見つかったとされる久野倫太郎くんは、おばあちゃんがNHK熊本放送局に応募したそうです。

 

大河ドラマや朝ドラは、キャリア豊かな子役を起用することが多いですが、今回抜擢された久野倫太郎くんは演技経験がまったくない素人の子供。

スタッフさん方も「最初はどうしようかと思いました」と苦笑いしながらの撮影。「こんなお話だよ」と説明しただけで、あとは自然体で撮影したそうです。

台本見たことない。漢字も読めない。

撮影当時7歳の少年への撮影指導は大変だったようですが、素朴さが光るシーンが取れているようです。

オーディションは約4ケ月間かかり、約1500人の中から選ばれたそうよ!

チョアちゃん

撮影は2018年4月~5月、熊本で約7日間だったんだよ!

ノムくん

倫太郎くんの表情って本当に素朴で可愛らしいよね♡

チョアちゃん

金栗四三の野性的な天才ぶりがよく表現されているよね!

ノムくん

▼倫太郎くんを見逃した人はこちらをクリック▼

久野倫太郎くんのプロフィール

名前:久野倫太郎(ひさの・りんたろう)

生年月日:2010年11月21日(8歳)

出身地:熊本県

血液型:A型

星座:蠍座

身長:120cm

特技:絵を書くこと、和太鼓

所属事務所:アクティブハカタ

小学校はどこ?

金栗四三と同じく、熊本出身の倫太郎くんです。

撮影当時7歳、現在8歳ですから小学生2年生です。

どこの小学校なのか??気になりますね。

しかし個人情報・・

しっかり保護されているようです・・

 

小学校は熊本県内のどこかの小学校でしょうが、大河ドラマ「いだてん」が放送されてもSNS上でも、小学校の情報はみつかりませんでした。

しかしながら、倫太郎くんの演技力の評判はSNS上でざわついてました!!

さいごに

2020年の東京オリンピック前に放送されている大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」

日本人初のオリンピック選手に選ばれたのはマラソンの金栗四三。この逸材の子供時代を演じているのは、演技経験が全くない素人の久野倫太郎くんでした!

金栗四三なみの偉業を果たした倫太郎くん。大河ドラマ以外での大ブレイク活躍を期待したいですね!

▼倫太郎くん見逃した人はこちらをクリック▼

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ドラまつり , 2019 All Rights Reserved.