Menu
Close 




      2018/06/12

この世界の片隅に(ドラマ)周作の姉の子供晴美を演じる子役は誰?








この記事を書いている人 - WRITER -

2018年7月スタート日曜劇場ドラマ「この世界の片隅に」ヒロインすずに松本穂香さん、夫・周作に松坂桃李さん、周作の姉・径子に尾野真千子さんなどのキャストが決まりました!今回はキャストの中で気になった子役、径子の娘・晴美役の稲垣来泉ちゃんに注目します。どんな子役さんなのか見ていきましょう。

ドラマ「この世界の片隅に」の紹介

原作は累計120万部を突破した大人気マンガ、こうの史代さんの同名マンガ(双葉社刊)「この世界の片隅に」の実写化ドラマです。

太平洋戦争の最中、広島県の江波えばからくれに嫁いだヒロイン・すず(松本穂香)が、夫・周作(松坂桃李)の実家、嫁ぎ先の北條家で暮らすかけがえのない日常が丹念に描かれます。

日本が泥沼の戦争に突き進んでいく中、戦場でない場所では、市井の人々の「普通」の暮らしがそのまま続いていた・・物資が不足し、家族や友人たちが戦場に送られていく・・。そんな不安と戦いながらも、前向きに、そして健気に日々を生きるすずの姿は、閉塞感や生きづらさを感じつつも「今この時」を懸命に生きる全ての人と重なっていきます。

ドラマでは、戦下を自分らしく前向きに生きたすずと北條家の家族たちの暮らしを通して「自分の隣にある幸せ」や、「いつもそばにいてくれる愛おしい存在」に気付いてもらうきっかけとなるべく、丁寧な制作がなされます。

またこの時代にあった遊郭のシーンも。
呉にある朝日遊郭の遊女で、買い物帰りに遊郭に迷い込んだすずと偶然知り合う白木リン(二階堂ふみ)。よき、この物語のキーパーソンとなります。水原哲(村上虹郎)はすずと互いに淡い恋心を抱きながらも、亡くなった兄の遺志を継いで海軍兵学校に入隊しその後、周作と結婚したすずのもとへ、再び現れます…

戦争という時代背景の恋愛事情もこのドラマの見どころになります。

 

周作の姉の娘・晴美を演じる子役は誰?

晴美役を演じるのは稲垣来泉ちゃん

いながきくるみちゃんは、2011年 1月5日生まれの(7歳です。

 

クラージュキッズに所属し、子役女優、ファッションモデルとして活動しています。
お姉ちゃんの稲垣芽生(いながきめい)ちゃんも同じ事務所に所属して子役をしています。

 

ディスカバリー・エンターテイメントに所属し芸能界デビュー。
その後、クラージュの子供タレント部門のクラージュキッズに移籍しての活躍です。

 

天才子役!!

稲垣来泉ちゃん、7歳にして数多くの作品に出演しています。
どれも有名作品ばかり

天才子役と言われている、来泉ちゃんのかわいい画像も一緒にご紹介します。
天才と言われる所以・・・
出演している作品をみれば分かるでしょう!!

 

  • TBS 日曜劇場「この世界の片隅に」黒村晴美役
  • TBS 日曜劇場「ブラックペアン」4話・5話 島野小春役

 

  • TBS「アンナチュラル」雨宮美琴(石原さとみさん幼少期)役

 

  • 第29回フジテレビヤングシナリオ大賞「リフレイン」女の子役
  • TBS「コウノドリ」木田そら役

 

  • Amazonプライム、テレ朝動画「ドクターY~外科医加地秀樹」小夜子役
  • テレビ東京BSジャパン 連続ドラマJ「プリズンホテル」田村美加役
  • EX「刑事7人」天樹聖役(東山紀之さんの娘役)

 

  • CX「貴族探偵」桜川弥生役

 

  • TBS「砂の塔~知りすぎた隣人~」高野そら役

 

  • EX「警視庁捜査一課9係season12」吉本里奈役
  • TBS「リバース」
  • TX「バイプレーヤーズ」かえで役
  • NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」水田たまき役

  • TBS「ふつうが一番〜作家・藤沢周平 父の一言〜」小菅展子役
  • TBS「このミステリーがすごい!2015 冬、来たる」智秋役

 

ドラマだけでもこの出演量!!有名作品、人気俳優さんたちとの共演ばかり。
可愛いだけじゃなく、演技力も抜群の来泉ちゃんです。

 

子役なのに労働基準法違反・・

2017年2月に週刊文春に報じられた労働基準法違反!!

WOWOWドラマの撮影現場で、
長時間拘束・深夜撮影・監督からのダメ出しで撮り直し数十回・・・
来泉ちゃん、号泣してしまったと報じられています。

そしてこの撮影が労働基準法に違反する未成年の深夜帯の撮影だとされたのです。

5月放送のWOWOWドラマ「東京すみっこごはん」の撮影現場で、法令に違反する子役の就労時間オーバーが相次いでいたことが、「週刊文春」の取材により明らかとなった。問題の撮影は1月21日、東京・練馬区の東映東京撮影所で行われた。夜を徹した長時間撮影を強いられたのは、NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」や「砂の塔」(TBS系)に出演した“天才子役”稲垣来泉(くるみ・6)だ。

この日、稲垣は昼12時入り。撮影は朝5時まで17時間続けられた監督の三島有紀子氏(47)は稲垣の演技に納得がいかず、深夜3時過ぎからダメ出しを繰り返し、数十回にわたる撮り直しを強行。プロデューサーの森井輝氏(43)も現場にいながら撮影を中断しなかった。稲垣は同行していた母親に抱き付き、肩を震わせて泣き始めたという。この前日も稲垣は深夜2時まで14時間に及ぶ撮影をさせられていた。労働基準法では満13歳未満の年少者の20時から午前5時までの就労を禁止している。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/12738629/

WOWOWドラマのコメント

1月20日正午から翌日午前2時まで、また同月21日正午から翌日午前5時まで撮影が行われ、この間、出演者である稲垣来泉さんが、待機時間や仮眠時間を含めて、撮影現場や付近の待機場所にいたことは事実です。

いわゆる子役については、児童の健康等への配慮から、午後8時以降撮影しない、また長時間に及ぶ撮影は行わないという方針であたってまいりましたが、同日の撮影スケジュールに遅れが生じたため、現場の判断でこのような事態に至りました。

稲垣来泉さん、保護者様に改めて深くお詫び申し上げます。また視聴者の皆様からの信頼を傷つけたことを深くお詫び申し上げます。このような事態が生じたことを、当社は非常に重く受け止めております。皆様からの信頼を取り戻すべく、今後二度とこのような事態が生じないよう、徹底した対応を取る所存です。

引用元:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/01/kiji/20170301s00041000340000c.html

恐るべし!!
6歳で17時間労働・・・

天才子役なだけに大人が無理をさせましたね。

 

この夏スタートするドラマ「この世界の片隅に」に出演する稲垣来泉ちゃんは、7歳にして天才子役として大活躍する女優さんでした。人気子役としてこれからも頑張ってほしいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ドラまつり , 2018 All Rights Reserved.