Menu
Close 




      2018/06/12

この世界の片隅にすずの初恋相手水原哲役の村上虹郎って誰?








この記事を書いている人 - WRITER -

2018年7月スタート日曜劇場ドラマ「この世界の片隅に」のヒロインすず(松本穂香)の初恋相手、水原哲役に村上虹郎(むらかみにじろう)が決定しました!虹郎って珍しい名前・・ご両親が有名芸能人らしいです。誰の息子なのでしょうか?興味が湧いたので調べてみようと思います。

ドラマ「この世界の片隅に」の紹介

原作は累計120万部を突破した大人気マンガ、こうの史代さんの「この世界の片隅に」(双葉社刊)の実写化ドラマです。

太平洋戦争の最中、広島県の江波えばからくれに嫁いだヒロイン・すず(松本穂香)が、夫・周作(松坂桃李)の実家、嫁ぎ先の北條家で暮らすかけがえのない日常が丹念に描かれます。

日本が泥沼の戦争に突き進んでいく中、戦場でない場所では、市井の人々の「普通」の暮らしがそのまま続いていた・・物資が不足し、家族や友人たちが戦場に送られていく・・。そんな不安と戦いながらも、前向きに、そして健気に日々を生きるすずの姿は、閉塞感や生きづらさを感じつつも「今この時」を懸命に生きる全ての人と重なっていきます。

ドラマでは、戦下を自分らしく前向きに生きたすずと北條家の家族たちの暮らしを通して「自分の隣にある幸せ」や、「いつもそばにいてくれる愛おしい存在」に気付いてもらうきっかけとなるべく、丁寧な制作がなされます。

またこの時代にあった遊郭のシーンも。
呉にある朝日遊郭の遊女で、買い物帰りに遊郭に迷い込んだすずと偶然知り合う白木リン(二階堂ふみ)。よき、この物語のキーパーソンとなります。水原哲(村上虹郎)はすずと互いに淡い恋心を抱きながらも、亡くなった兄の遺志を継いで海軍兵学校に入隊しその後、周作と結婚したすずのもとへ、再び現れます…

戦争という時代背景の恋愛事情もこのドラマの見どころになります。

 

すずの初恋役・水原哲役は誰?

すずの幼馴染で、初恋の相手が水原哲。
2人はお互いに淡い恋心を抱いていましたが、哲は亡くなった兄の遺志を継いで海軍兵学校に入隊します。
離れ離れになってしまった2人。すずはその後、周作と結婚します。
そんなすずのもとに哲が再び現れ・・・

その哲を演じるのが村上虹郎さん。
どんな俳優なんでしょうか!?見ていくことにしましょう。

村上虹郎のプロフィール

村上虹郎(むらかみ・にじろう)

生年月日:1997年3月17日
身長:168cm
事務所:ディケイド

 

2014年、映画「2つ目の窓」で初主演でデビュー
2015年、「天使のナイフ」でテレビドラマ初出演
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」テレビドラマ初主演
「書を捨てよ町へ出よう」舞台は初出演で主演
2016年、日曜劇場「仰げば尊し」民放ドラマ初出演
2017年、映画「武曲 MUKOKU」第41回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞

 

デビューで映画の主演。
デビュー後も主演を演じ、3年後に日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞だなんてすっごい経歴、実力です!!
唯一無二の存在感で、近年目覚しい活躍を見せる若手実力派俳優としての評価を得ている村上虹郎さん。ご両親が有名芸能人といわれてるので、そちらも見ていきましょう。

 

村上虹郎の両親は!?

村上虹郎さんのご両親は芸能人です!!

父はモデル・俳優の村上淳さん。
母は歌手のUAさん。

 

1996年にご両親は結婚されますが、2006年に離婚
母のUAさんのもとで育ちます。

中学生の頃、のUAさんとともに沖縄に移住
高校はカナダのモントリオールに留学されています。

UAさんは2008年に再婚され、4児の母。
村上虹郎さんには異父きょうだいがいらっしゃいます!

 

の村上淳さんとはデビュー作の映画「2つ目の窓」で共演しています!!

ツイッターでも話題になってますが、
ご両親の顔の素敵なパーツをいいとこどりですね!
かっこいい!!

 

デビューしてまだ4年の村上虹郎さん。
デビューから華々しい活躍の俳優さんでしたね!若手実力派俳優としての評価もありました。
この夏の日曜劇場「この世界の片隅に」ドラマで大注目されること間違いないでしょう。
人気女優の二階堂ふみさんとの撮影現場もツイッターに上がっています。
画像を見るだけでわくわくします。話題総なめの予感です。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ドラまつり , 2018 All Rights Reserved.