Menu
Close 




      2018/06/12

ドラマ高嶺の花ももの妹がかわいい!芳根京子ってどんな女優?








この記事を書いている人 - WRITER -

7月からスタートする石原さとみ主演のドラマ「高嶺の花」に芳根京子が出演することが決定!華道の名門「月島流」本家の次女で、月島もも(石原さとみ)の異母妹のななを演じます。石原さとみさんの妹役とは大役です、どんな女優さんなのか早速調べてご紹介したいと思います。

ドラマ「高嶺の花」 キャスト〝月島なな″について

華道の名門「月島流」の本家に生まれた月島もも(石原さとみ)は、美貌、キャリア、財力、家柄、そして圧倒的な才能まで、すべてを持ち合わせた女性。高嶺の花。
なのに、ももの婚約者が二股交際し、それも結婚式当日に破断という、高嶺の花にあるまじき最悪の事態に遭遇します。ももは一気に自信喪失、自我崩壊の大ピンチに陥ります。

 

月島ななは、月島流本家の次女でももの異母妹
結婚破談で傷ついたももの再起を願って支えます。しかし、家元の地位をめぐる後継争いに巻き込まれ、華道家としての自尊心や、新興華道家・宇都宮龍一(千葉雄大)への恋心が生まれ、姉・ももを追い詰める存在へと反転していきます。

 

月島なな役の芳根京子さんのコメント
石原さんの妹役をやらせてもらえるという事で、緊張と喜びが爆発しております。
はじめてお会いした石原さんは、すごくあたたかくてパワフルな方で、ななとしても私自身としてもご一緒できるのがすごく心強いです。
せっかくいただいたこのチャンスにしがみついて、少しでも近くで背中を追いかけていきたいです。
今回野島さんが、私をイメージして月島ななという女の子を描いてくださったと聞きました。家族の複雑な関係、そして華道の家元の娘という環境の中、真っ直ぐに育った、真っ直ぐに育ってしまったななと、いろんな景色を見ながら成長していきたいと思います。

 

主演の月島もも役の石原さとみさんはこちら↓↓
美しい!!まさに高嶺の花!!

芳根京子ってどんな女優?

芸能界入りのきっかけは、
友達に誘われていった「遊助」のライブ会場でスカウトされたこと。
デビューしてからは主演ばかりを演じている華々しい女優さんです。この経歴はすごい!!

 

  • 2013年 フジテレビ系ドラマ「ラスト♡シンデレラ」で女優デビュー。
  • 2014年 NHK連続テレビ小説「花子とアン」で朝ドラデビュー。仲間由紀恵さんの娘役として注目を浴びす。
  • 2015年 TBS系ドラマ「表参道高校合唱部!」ではオーディション1000人以上の中から選ばれ、ドラマ初主演。
  • 2016年 NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」ではヒロイン役に抜擢。
  • 2018年 フジテレビ月9「海月姫」で主演。

 

プロフィール
名前:芳根京子(よしね・きょうこ)
愛称:芳根ちゃん、きょんちゃん
生年月日:1997年2月28日
出身地:東京都
身長:159cm
血液型:A
趣味:料理、お菓子作り、犬の散歩
特技:ピアノ、フルート。持久走、パソコン早打ち
所属:ジャパン・ミュージックエンタテインメント

 

性格について

  • 潔癖症で真面目な性格。
  • 人見知りがひどく、初対面の人とはコミュニケーションが苦手。
  • 頑固で負けず嫌い。でも人との勝ち負けには全くこだわらない自分に勝つことを一番に考えているそうです。

 

負けず嫌い!自分との戦いに勝つ!そんなエピソードがこちら・・

中学2年生で“ギラン・バレー症候群”が発症した芳根さん。
1年ほど学校に通うことすら大変で、難儀したがその後克服されています!!

ギラン・バレー症候群とは
急性・多発性の根神経炎のひとつ。
おもに筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入らなく病気。
重症の場合、呼吸不全を起こしてしまい、気管切開や人工呼吸器を要することもある。

中2でこんな大病を克服しているんですから、強い精神力をお持ちなのでしょう。

 

負けず嫌い&真面目!エピソードがこちら・・

15歳からはじめたオフィシャルブログ「芳根京子のキョウコノゴロ」
毎日欠かさず更新しており、自ら更新記録ストップ宣言するまで、なんと1632日間もの間ブログを更新してました!これまた凄い精神力!!

やめるタイミングを見失っていた芳根さんは、2017年6月1日放送「桜井・有吉THE夜会」で更新ストップを宣言してブログをやめています。

 

7月スタートドラマ、石原さとみさん主演の「高嶺の花」に出演する芳根京子さんは、かわいいだけじゃなく、主演級を演じてきた、若手有望の女優さんでした!
石原さとみさんの妹役でドラマ起用です。またまた注目を浴び、人気上昇していくことでしょう。
この夏のドラマに期待です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ドラまつり , 2018 All Rights Reserved.